【森林はGOODな状態を保とう!】間伐依頼の重要性

間伐とは?

間伐という言葉を聞いたことがある方も少なくないでしょう。間伐とは、森林を良い状態にするために木を切ってしまうことです。大規模な剪定のようなものです。その間伐はどうしてする必要があるのか下記で紹介していきます。

間伐依頼の方法について

ご相談からスタート

最初に無料の電話かメールで相談から依頼の始まりです。どのくらいの山なのか、何か被害が起きている、その前兆があるなど色々と確認したり、相談することで専門業者は解決に向けての提案をしてくれます。

現地見積もりをしてもらう

相談して、一度見積もりをしてもらうことをオススメします。多くの業者では現地見積もりを無料で行なっているので気軽に業者に見てもらいましょう。専門家の目には欠点がすぐわかるはずです。

検討をする

現地見積もりをしてもらい、その後検討します。その期間に制限はありませんが、山の状態は刻々と変化していきます。悩んでいるうちに大雨や台風が来て、着工も出来ず、結果大惨事になるとあの時に依頼しておけばと後悔するだけです。返答は早めにしてください。

作業開始

見積もりも納得できるならいざ作業開始です。大掛かりな作業になるため、近隣住民には依頼者自身も連絡しておきましょう。作業は専門知識をフル活用して行なってくれます。

支払い

作業完了したら支払いで終了です。ちなみに業者は仕事で間伐を行なってくれていますが、危険と隣り合わせでおこなってくれるためちょっとした心配りとして、お菓子や飲み物を差し入れすると良いですよ。するしないは自分次第ですが、またいつか依頼する時にも業者に好印象を与えますよ。

【森林はGOODな状態を保とう!】間伐依頼の重要性

丸太

間伐する意味ってなに?

間伐とは、大規模な剪定と上記でも説明しましたが、間伐する意味というのは良い森林に変える方法なのです。良い森林という基準は木と木の間から適度な光が差込、木の下には植物がイキイキと映えている状態です。そのような良い状態になると、暴風から守ってくれたり、土砂災害の危険性も極端に少なくなります。特に山を所有している方にとって、間伐はとても重要です。もし、森林全体が昼なのに暗い、根が浮き上がっているなら間伐業者に依頼しましょう。

間伐をしないとどうなるのか

もしも間伐しなかったら土砂災害になる可能性が十分に上がります。根が浮き上がった木、昼なのに真っ暗な森林となるとそういった災害の確率が上がります。理由としては、木の根っこがしっかり土に根付いていないと、土壌が不安定になり大雨などで簡単に流れてきたり、真っ暗な森林となると光合成を上手く出来ずに成長を止め、根っこが木を支えられないくらい細くなったりする危険性があるのです。たとえ、個人で所有している山だからということで間伐しないということではなく、近隣住民や自宅にも影響があるかもしれません。だから少しでも心配なら一度業者に調査を依頼してみると良いですよ。

間伐にかかる費用について

専門業者に依頼する場合に必要となる費用ですが、場所によっても料金設定が異なるため、必ずこの金額ということは言えません。ある業者では間伐する木の本数で異なるため、1本約2000円という業者もいます。しかし木の太さ、重機や機械が入れない、回りに電柱などの障害物があるという場合はプラスαで追加料金になることがあります。詳しい金額は現地見積もりしてもらって相談してください。

間伐依頼をした山所有者に聞いた!リアルな声

山がイキイキする瞬間がわかった

ちょっと大きな山を持っています。手入れするには一人では無理なので、思い切って間伐を依頼。すると山の元気が戻ってくるように感じました。やっててよかったです。

危うく土砂災害に遭うところだった

間伐した約半年後にかなりの大雨になりました。反対側の山は土砂流れは起きてしまい、かろうじて死者はいなかったは不幸中の幸い、自分が住んでいる側の山は何も起きていないので間伐してよかったと心から思います。

大切な山を守れた

せっかくのおじいちゃんの代から受け継いでいる山を自分の代で、ダメにさせたくないから間伐をお願いしました。長く美しい紅葉を見るためにも必要なことですね。

土砂災害に二度と遭いたくない

一度経験したことのある土砂災害。とても怖かった。その時は山の手入れどころか、誰も山を気にかけていなかったです。山が怒ったんでしょうか。間伐の大事さをわかりました。

色々と助けてくれた業者

山の手入れとして間伐を依頼。業者がとても親切で、こうなったら山が危ないということも教えてくれました。間伐することがあればまたお願いしようと思います。